どんなヨーガですか?

ココロの平安を高める体操です。

 

肉体自慢のヨガではありません。

リラックスを大切にします。

その結果、病気が遠のきます。

ココロにゆとりができます。

 

汗をかくことや、力が強くなること、

無理やり減量することに重点をおきません。

かえって免疫力を下げることはしません。

スポーツと変わらないことはしません。

「調和」を高めます。

カラダと息とココロの調和を高めます。

心身の調和を高めます。

命の力を高めます。 

 

カラダの外見だけにこだわって、

よけいに痛めることはしません。

厳しいポーズをしすぎで、関節や筋肉を傷めません。

厳しくしすぎて、かえって免疫力が落ちるようなやり方はしません。

内面から、美しくなる。

心から美しくなるヨーガです。

外見だけを飾らないで、内面を美しくするヨーガです。

 

美しいヨガウェアやきれいなヨガバッグなどで飾ることはあまり重要視しません。

(それでモチベーションが上がるならば、何を着られてもかまいません。)

ポーズを作るプロセスを大事にします。

いかに、気持ちよく、落ち着いて、幸せな気持ちに持っていくかを重視します。

 

見かけのポーズや、

形を作ることだけとらわれて、

かえって健康を損なうことはありません。

カラダを酷使したり、見栄を張ってきついポーズを作りません。

呼吸を大切にします。

長年十分に習熟した人しか、呼吸法は教えることはできません。

段階的に、どなたにも無理がなく、

しかも奥深い領域まで習うことができます。

呼吸が整えば、心身が調和します。

ココロも整います。

 

にわか仕込みで、

呼吸法の見せかけだけをしたり

呼吸法のうわっつらの種類だけやって

みんなが苦しむだけになるレッスンはしません。

平和な気持ちを大切にします。

 

虚栄心で難しい体操をしません。

見せるために体操をしません。

一生涯続けることができる内容です。

老若男女問わず、

何十年やっても飽きずにできる健康法です。

 

やさしくもできるし、厳しくもできる。

各自の必要性に応じて調節できる内容です。

本当の健康法には引退はありません。

 

厳しいポーズの「形を作ること」に重点をおいていません。

若いときしかできない内容ではありません。

ある程度の年齢がきたら引退をしなければならないような

きつい体操ではありません。

本当のヨーガをやればココロが穏やかになります。

クラスでは、みんな穏やかで優しい人ばかりです。

 

着替え室でセンセイがタバコをすったり、お手本にならないことはしません。

参加者のマナーが悪くて不快な思いをするようなことはありません。

難しいことを簡単にわかりやすく、噛み砕いて教えています。

何万時間もヨーガの実習に専念した人は

深い経験から大切なコツを伝えることができます。

 

数週間や

数百時間の

短い期間で詰め込んだ

うわべだけのテクニックを教えません。

不消化なまま教えたりしません。

飽きさせないだけのために、

あれこれのテクニックをモザイクのように適当に組み合わせることはしていません。

      

年々、自分が成長する

やればやるほど幸せになる

一本筋が通った、

伝統的な「道としてのヨーガ」です。(^^;)